奈義町現代美術館(岡山県)の口コミと感想!建築家の磯崎新についても

nagieyecatch アート
2019年の5月に、「建築のノーベル賞」として世界的な評価の高いプリツカー賞を受賞された磯崎新氏が設計をした、「奈義町現代美術館(通称Nagi MOCA)」に行ってきました。

ゴールデンウィークの真っただ中(5月1日)ということで混雑の不安がありましたが、来場者数は意外に少なく、非常に楽しく不思議な体験を満喫することができました。

このレポートが奈義町現代美術館に訪問を検討されている方の参考になれば幸いです。
<!– ここが非表示

他に車でアクセス可能な岡山市内の美術館も訪れましたので、あわせてお読み頂ければと思います。
岡山では混雑なしで「忘れえぬ女」に会えた!全国巡回中の【ロマンティック・ロシア】


岡山市内のおすすめグルメはこちら!
岡山市内の表町商店街とオランダ通りで美味しいコロッケとハンバーグランチの感想・レビュー

アートイベント【岡山芸術交流2019】のプレイベントについてはこちら
岡山市内でトリエンナーレ【岡山芸術交流2019】のプレイベントに遭遇。

ここが非表示 –>

広告

奈義町現代美術館(岡山県)の口コミと感想!建築家の磯崎新についても

2019年度プリツカー賞受賞 建築家 磯崎新について

磯崎新(いそざき あらた) 来歴

  • 1970年代以降、日本のポストモダン建築を牽引した建築家の一人といわれる。
  • 出身地大分の絵画サークルの活動を出発点とし、自身の設計した「吉村アトリエ(ホワイト・ハウス)」に集う同志とネオ・ダダ的建築家としての過激な思想を模索した末、閉鎖的なアカデミズムを脱却し、日本の現代建築を世界レベルへ押し上げた功績を持つ。
  • 古典的な均整の取れたデザインを避けるため、キューブのプラトン立体(正多面体)を多用することも特徴のひとつ。
  • 西洋と東洋の建築を融合させた建築作品、建築歴史をはじめとした幅広い分野への深い造詣に裏打ちされた前衛性・批評性が評価され、2019年のプリツカー賞を受賞
ポストモダン建築

「合理性・機能性」を追求した近代建築(モダニズム建築)の批判として唱えられた建築スタイル。「ポスト・モダニズム(ポストモダン)」という思想は建築・デザインがスタートとされる。
モダニズム建築をビジネス街の無機質なオフィスビルのイメージと考えれば、磯崎氏の建築に触れた時その対極に位置することがよく分かります。

プリツカー賞とは

  • アメリカのホテルチェーンである「ハイアットホテルアンドリゾーツ」の事実上の創設者ジェイ・プリツカー氏と奥様のシンディ氏により設立。現在もハイアット財団が実施。
  • 「建築を通じて人類や環境に一貫した意義深い貢献をしてきた」存命の建築家を対象とした賞。原則1年に1名が選ばれる。
  • 「建築界のノーベル賞」と言われることも。
  • 副賞は賞金10万ドルとブロンズのメダル。授賞式は5月にベルサイユ宮殿で行われました。
プリツカー賞はノーベル賞レベル?

「ニューヨーク・タイムズ」誌に”建築家にとってこの賞は、」科学者や作家にとってノーベル賞のようなもの”と書かれたのが由来。

比較される歴史と権威のある建築家への賞としては、王立英国建築家協会によるロイヤル・ゴールド・メダル(RIBAゴールドメダル)・アメリカ建築家協会によるAIAゴールドメダルなどが有名。

広告

磯崎新さんの代表作品

国内はもちろん、海外にも多くの建築を設計しています。

海外の磯崎新さんの代表作品

  • アメリカ:1988年 ロサンゼルス現代美術館
  • スペイン:1992年 バルセロナオリンピック会場「パラウ・サン・ジョルディ」
  • イタリア:2003年 アリアンツ・タワー

などなど…

磯崎新の作品(プリツカー賞公式サイトより)

1988年、1992年開催のバルセロナオリンピック会場の設計を任されているのですから、どれほど早くから世界的な評価が高かったのかが分かりますね。

日本国内の代表作

などなど…

けんぞう
ちなみに私は昔行った石川県の「中谷宇吉郎 雪の科学館」がオススメです!!

奈義町現代美術館 通称「Nagi MOCA」について

 

奈義町現代美術館/奈義町立図書館

nagimoca3

NagiMOCA

奈義町現代美術館 営業時間・休館日・問い合わせ先

営業時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜日※月曜日が祝日の場合は開館祝日の翌日
電話番号:0868-36-5811(FAX:5855)
ホームページ:http://www.town.nagi.okayama.jp
MAIL:
[email protected]

通称「Nagi MOCA」の意味は?
Nagi Museum Of Contemporary Art -奈義町現代美術館-
ちなみに奈義”町”現代美術館です。磯崎氏の設計したロサンゼルス現代美術館の通称「MOCA」にもちなんでいるのでしょうね。

奈義町現代美術館 アクセスと駐車場

住所:岡山県勝田郡奈義町豊沢441
アクセスは、岡山市内から自動車で1時間30分程度。
JR岡山駅から津山駅まで行き、バスを利用しても1時間40分かかります。

私は大阪市内からの出発で高速道路を利用して大体2時間半~3時間と出ていました。
ゴールデンウィークという事で渋滞に捕まることも計算していましたが、それほどの渋滞はなく、途中のトイレ休憩を含めて3時間30分ほどで到着することが出来ました!

 

岡山市内~奈義町現代美術館(自動車)
大阪市内~奈義町現代美術館(自動車)

 

 

車で美作IC~那岐山へ向かうシンボルロードを北上

左奥に、特徴的な「太陽」の建物のだいぶ前に駐車場があるので、通り過ぎてしまいやすいです。オープンカフェの手前で左折しましょう。

 

nagimoca外観

この大きな筒が「太陽」の展示室です。

 

奈義シンボルロード

行き過ぎてしまいました。この先は鳥取との県境になる那岐山系が広がっています。左右は4月に「菜の花まつり」が行われる、広大な菜の花畑。

 

駐車場の場所と収容台数

駐車場の場所:敷地内南西部(下図:黄色い丸の部分)

収容台数:普通車30台・バス2台

駐車場は、レストランと共有です!
NagiMOCA駐車場
広告