「あつた蓬莱軒」でひつまぶしを食べた感想!

あつた蓬莱軒 アイキャッチ 食レポ

先日名古屋に行った際に、ランチに浅草で有名な鰻(うなぎ)の人気店「あつた蓬莱軒(ほうらいけん)」で食事をしたので、そのときの内容をレポートします。

  • 「あつた蓬莱軒」の情報とあつた蓬莱軒ひつまぶしを食べた理由
  • あつた蓬莱軒の焼きのスタイルや特徴
  • お食事お持ち帰りメニュー(写真)
  • 料理の写真と食レポ
  • クレジットカードが使えるか?アクセス方法は?
  • 実際にいったときの混雑具合おすすめの時間

お役に立てば嬉しいです。どうぞお楽しみください!

あつた蓬莱軒 入口案内

「あつた蓬莱軒」の特徴とこちらで”ひつまぶし”を食べた理由

「あつた蓬莱軒」の特徴

ひつまぶし発祥の地とされている名古屋。その中でもひつまぶしを提供することで有名な「あつた蓬莱軒」の特徴は何と言っても、「ひつまぶし発祥の店」の一つとされていることです。

けんぞう
 「ひつまぶし発祥」もう一つの雄は”いば昇”さん!今度はそちらもゼヒ伺いたいっ

蓬莱軒さんは「ひつまぶし」の登録商標を取得もしているそう。
まあ発祥なのかどうかとかは門外漢のワタクシには検証しにくいのですが、ホームページのエピソードにほっこりしたのと、なんにせよ140年の歴史と絶大な人気を誇っている名店なのでここはひとつお伺いしよう!という運びになりました。

ひつまぶし商標登録

ちなみに突然出てきました”浅草 うなてつ”さんに伺った時のブログもぜひご覧ください。

「あつた蓬莱軒」うなぎの”焼き”は関東風?関西風?

以前ほかの鰻屋さんの記事を書くときに調べたのですが、ウナギの焼き方は「関東風」「関西風」と、大きく2種類に分かれます。

  • 関東は背中側を開いて、鰻を一度蒸してから焼くためふっくらとした仕上がり
  • 関西は腹を開いて、鰻を蒸さずにそのまま焼くので、脂がのって焼き上がりもぱりっとしている

東西の大きな違いはこの2点と言われますが、あつた蓬莱軒さんはホームページの写真を見ると腹側を割いているようで、かつカリッとした食感が特徴的で細かく刻んだ後でもとてもエッジの効いた外観からも、脂を活かして焼き上げた関西風の焼き方だと思われます!!「備長炭」を使用した炭火焼きで職人さんが焼き上げておりますよ!

けんぞう
カリカリの香ばしいウナギがおヒツにギッシリ!!たまらん!
新宿うな鐡

あつた蓬莱軒 本店 (蓬莱陣屋) – 伝馬町/うなぎ [食べログ]
あつた蓬莱軒 松坂屋店 (あつたほうらいけん) – 矢場町/うなぎ [食べログ]
あつた蓬莱軒 神宮店 (あつたほうらいけん) – 伝馬町/うなぎ [食べログ]

「あつた蓬莱軒」の店舗情報とアクセス

私が行ったのはあつた蓬莱軒 松坂屋店松坂屋名古屋店の南館10階にあるのでスグ分かります!
下の地図には本店と神宮店の場所を載せております。
本店、神宮店には最初に予約をして、待ち時間を熱田神宮でお参りをしてから再び伺ってひつまぶしにありつくという素敵なルーティーンがあるようです!^^

  • あつた蓬莱軒 本店 (蓬莱陣屋)
    愛知県名古屋市熱田区神戸町503
    地下鉄「伝馬町」駅4番出口より徒歩8分
    電話番号:050-5596-7539
  • あつた蓬莱軒 松坂屋店
    愛知県名古屋市中区栄3-30-8 松坂屋名古屋店 南館 10F
    地下鉄名城線 矢場町駅直結徒歩3分
    電話番号:052-264-3825
  • あつた蓬莱軒 神宮店
    愛知県名古屋市熱田区神宮2-10-26
    名古屋市営地下鉄名城線「伝馬町駅」1番出口より徒歩3分
    電話番号:052-682-5598
  • 営業時間・定休日:以下を参照
  • ホームページ:名古屋名物 ひつまぶし「あつた蓬莱軒」
あつた蓬莱軒 本店と神宮店地図

本店と神宮店は、伝馬町駅を挟むようにすぐそばにあります!熱田神宮もすぐそばに。
松坂屋名古屋(栄、矢場町のあたり)から電車で30分ほどの距離。

「あつた蓬莱軒」の営業時間はホームページでも食べログでもしっかり統一されていました!でも念のため確認を。

現在は営業時間が不定なことが多いため、確認はしっかりしてくださいね!!平日夜は予約が出来るという口コミもチラホラ見受けられます。

口コミや予約はこちらをご参照ください↓
あつた蓬莱軒 本店 (蓬莱陣屋) – 伝馬町/うなぎ [食べログ]

あつた蓬莱軒 松坂屋店 (あつたほうらいけん) – 矢場町/うなぎ [食べログ]

あつた蓬莱軒 神宮店 (あつたほうらいけん) – 伝馬町/うなぎ [食べログ]

「あつた蓬莱軒」でクレジットカードは使える!!

「あつた蓬莱軒」さんはクレジットカードOKでした!!

松坂屋名古屋店の南館ではなく、本館の地下にもお持ち帰り専門の「松坂屋地下店」があるのですが、そちらもクレカOKです^^

「あつた蓬莱軒」のメニュー写真!

こちらは実際に店舗で撮影したメニューの写真となります^^

「あつた蓬莱軒」料理メニュー(ひつまぶし・うなぎ丼・定食)

あつた蓬莱軒 ひつまぶしと定食メニュー
こちらがメインとなるひつまぶし、うな丼、うなぎの定食。定食はどれくらい出るのだろうか…

「あつた蓬莱軒」料理メニュー(一品料理)

あつた蓬莱軒 うなぎの一品メニュー
あつた蓬莱軒 白焼のキャビア添え
いつも一品料理まではフトコロもイブクロも持たないワタクシですが、みんなで頂くときは追加しても良いかもね^^

「あつた蓬莱軒 」その他メニュー

あつた蓬莱軒 ご飯ものなど
うなぎがニガテな人と名古屋に来てしまった時でも安心!ん?なんか語弊があるかも!?いったん忘れて!

あつた蓬莱軒 デザートなど
特製プリンも頂きました。写真は末尾に。

「あつた蓬莱軒 」お持ち帰りメニュー

「あつた蓬莱軒 」お持ち帰りメニュー
お持ち帰りとか松坂屋地下の”ひつまぶし弁当”にも定評があるあつた蓬莱軒さん。私は基本出来立てをお店で食べたい派ですが、どうせ食べたらきっちり両ホッペが落ちるほど旨いんだろうね~^Q^

「あつた蓬莱軒」料理の写真と感想

「あつた蓬莱軒 」ひつまぶし実食
こちらが、”ひつまぶし”のセット。ひつまぶしのお櫃(おひつ)は栃の木で出来ているそう!この年期を感じさせるボテっとした器もまた良いね!!

「あつた蓬莱軒 」ひつまぶしの食べ方
ひつまぶしの食べ方ガイド。十字に切って四等分し、三膳の食べ方を吟味した後、最後の一膳を一番気に入った食べ方をするのが上手な楽しみ方!

けんぞう

ワタシはもうフツーにガシガシよそってワシワシ喰いましたけどもっ。

「あつた蓬莱軒」の混雑具合

わたしが来店したのはちょうど世間に「これは気ままに出歩いている場合なのか…!?」というムードが立ち込めだしたあたり。平日のランチタイムをすぎた14時少し前で、すんなりと入ることが出来ました。ただ、口コミ等を見ているとかなり待ち時間を覚悟して予定を立てるべしという有名店ならではのネックが存在していたようです。
予約に関しては、ホームページでは「会席以外は原則予約制度なし(土日、繁忙期は会席もナシ)」ということのようです。

けんぞう

時期的に問合せするのもご迷惑なのか歓迎されるのかムズカシイところ…(汗)

「あつた蓬莱軒」でひつまぶしを食べた感想!まとめ

最後に、「あつた蓬莱軒」に行った感想や情報をまとめます。

  • ひつまぶしの発祥地の一つとされる名古屋でも、「発祥の店」との呼び声が高い「あつた蓬莱軒」!「ひつまぶし」の登録商標も取得されている。
  • 焼き方はパリッと香ばしい関西風!備長炭で焼き上げています!
  • 「ひつまぶし」の色々な食べ方を堪能できる!食べ方も分かりやすく書かれています^^
  • あつたクレジットカード使えます!でもそんなに「オトクなランチ」って価格設定ではないよ!
  • 本店と神宮店は、熱田神宮にお参りしてから頂くのもオツ!予約は会席のみ(土日以外)なので、最初に行って席を押さえるようです♪

「あつた蓬莱軒 」特製プリン
お口直しにプリンもどうぞ^^